エイブルネットワーク旭川永山店
TOP 物件検索 会社・店舗紹介 Q&A 申込書 プライバシーポリシー

賃貸Q&A。お部屋探しの初心者さんや、どうやってお部屋を借りるのか知りたい方へ。お部屋探しの流れとポイントをご紹介します。

お部屋探しで自分の譲れない条件はなに?

お部屋を決める3大条件は、家賃・場所・間取り。でも全てを満たすお部屋はそう見つけられません。 自分が最も優先するものを決めて、順番をつけていきましょう。
□ 毎月の予算は収入の3分の1程度で
まず決めるのは毎月の予算だ。住まいにかかる毎月の家賃・共益費の他に駐車場代など。
(電気・ガス・水道・電話代も含む)
だいたい収入の3分の1程度に抑えるのがよいが、自分の趣味・将来の予定などよく考えて決めよう。
□ 希望のエリア・沿線は幅をもたせて
希望の場所は勤務・通学先を考えて決めよう。ただ、そのときに「ここに住みたい」と場所を限定するのは避けた方がいい。例えば、一駅か二駅離れた急行停車駅・始発駅の方が便利な場合もあるし、少し離れただけで賃料が安くなる場合もある。第三希望くらいまでに幅をもたせて考えよう。
□ 希望の間取りタイプは
ひとり暮らしならワンルーム、ファミリーなら2DKからと選ぶ部屋がだいたい決まっているが、どんなタイプの間取りが自分に合っているかは人によって違うはず。わかりやすいのは自分が今住んでいる部屋にあと何が必要かをイメージして決めることだ。
□ 他に・・・
『これは』という条件が人によってあるはず。
「新築がいい」とか「ペットと住みたい」とかこんなこだわりがあればチェックしておこう。

不動産会社へ行こう

不動産会社に行ったらあなたの担当の人が親切に対応してくれる。
最初にあなたがしないといけないのは……
□ 不動産会社に行こう。

希望の条件が決まったら、お部屋を探そう。駅から、地域から、選びやすい所から探していきましょう。
希望条件にあうお部屋を探していくうちに、家賃の相場や「この条件を譲ればこの家賃か」と住みたいお部屋がよりハッキリしてくるはず。
条件に合いそうなお部屋をピックアップしよう。

□ イイお部屋があれば迷わず資料請求!!
イイ部屋があったら迷わず不動産会社に資料請求。賃貸物件はいつも動いている。今空いているお部屋が明日には無いということがよくある。早めに連絡をすることが希望のお部屋を見つける近道だ。電話では、その建物の外観や周辺環境など、間取り図、条件を見ただけではわからないことを聞くこと。気に入ったら不動産会社に行ってお部屋を見せてもらおう。
□ 下見をしよう
ハッキリと希望の条件を担当者に伝えること。
不動産会社はサイトに掲載している部屋の他数千件の部屋の情報を仕入れている。予算や、希望条件をくわしく伝えて良い部屋を探してもらおう。
条件に合いそうなお部屋があれば、必ず下見に行こう。下見でチェックすることは建物の雰囲気・水道の出具合などの間取り図面などでは分からないこと等。あなたの担当者が部屋を案内してくれるので話をよく聞こう。
また、水を出してみる、窓を開けて外を見てみるなど目・手を使って納得いくまでチェックしよう。
周辺環境はもう一度自分の足で確認しておきたい。
自分の足で駅からの時間、スーパー、コンビニの場所なども忘れず確認しておくように!
また出来れば曜日・時間帯を変えて再度下見に行ってみるのもいい。

□  室内はココをチェック
浴室
広さ、設備機器
(追焚・シャワー等)
玄関
玄関の広さ
奥行き、靴箱の有無

洋室
床の素材
(フローリング・クッションフロア・カーペット等)
コンセントの位置や数
テレビアンテナの接続口
エアコンの取付位置
天井の高さ
ドアの開閉がスムーズか

トイレ
幅や奥行き
備品置き場のチェック

収納
奥行き・高さ等
荷物に対して充分なスペースがあるか

洗面所
収納スペース
洗濯機置き場の有無

キッチン
シンクの大きさ
コンロ備え付けの有無
冷蔵庫置き場のスペース
収納棚のチェック

バルコニー
幅や奥行き
日当たり・見晴らし
騒音・異臭
覗かれることはないか
侵入される危険性はないか

和室
畳の大きさをチェック
同じ帖数でも畳の種類によって広さが多少異なる


□ 周辺環境の下見は
自分の足、自転車での最寄り駅までの時間・道のり
最寄り駅から物件までの間に危険な場所はないか
通勤・通学に利用する電車・バスの本数と所要時間(終電・終バスの時刻をチェック)
駅周辺の駐車場・駐輪場
スーパー・コンビニの有無
・営業時間・品揃え・値段
役所・病院・公園・郵便局などの場所

□ 建物の下見は
玄関・廊下の汚れ具合は
駐車場・駐輪場の有無・場所・状況
ゴミ置き場の有無・場所・状況
その他、郵便受け・エレベーターetc


お部屋の契約

□ 入居意思表示・入居申込書記入

住みたい部屋が決まったら不動産会社に入居の申込みをする。
申込みは普通入居申込書に記入し、申込金を預けることにより成立する。
申込書には
1.現在の住所・氏名
2. 学校・勤務先・電話連絡先
3.保証人の住所・氏名・続柄
4.保証人の勤務先・年収などを記入する。
申込み金は入居の意志を示すために必要なお金で、入居審査後手付け金となる。
□ 入居審査
入居審査はその部屋のオーナー又は管理会社が入居者の確認を行うもので、普通1週間以内に結果が出る。
□ 重要事項の説明
あなたがこれから住む部屋の所在地・構造・間取り、家賃及び家賃以外に支払う金銭(保証金など)の額、禁止事項などが不動産会社の宅建取引主任者より説明される。
よく確認しておこう。
□ 必要書類・必要費用の準備に
さて、いよいよ契約だが下記の書類・費用が必要になるので準備しよう。
また、契約には連帯保証人が必要になる。
連帯保証人はあなたの身元を保証すると共に、あなたが家賃を滞納したりした場合にその責務を肩代わりする。
一般的には親族がなるのがほとんどだが、基本的にはその能力があれば誰でもよい。連帯保証人となる人にはあらかじめ必要書類をもらっておこう。
□ 契約に必要な書類は
1.印鑑・印鑑証明書・住民票・収入を証明できる書類(源泉徴収票など)
2.連帯保証人の印鑑証明書・住民票・収入を証明できる書類
□ 契約に必要な費用は
1.保証金(敷金・礼金)
契約時に貸主へ渡すお金、入居中は貸主が預かっておく。退去時に解約引きが差し引かれて残金が返却される。
関西では、敷金・礼金よりも保証金が一般的で、家賃の5〜10カ月分が相場。
また住宅金融公庫の融資を利用した敷金3カ月という物件は解約引きは補修費実費という場合もある。
先に支払った手付け金は保証金の一部に当てられる。
2.日割家賃
即入居の場合、入居申込日より家賃が発生する(共益費含む)
3.前家賃
家賃は、前払いが基本(月末に次月の家賃を支払う)なので、契約日が、家賃支払日に近ければ、次の1カ月分も一緒に支払う場合もある。
4.仲介手数料
契約が成立した場合、不動産仲介会社に支払う手数料。
5.その他
住宅保険料など。
□ 契約書を交わす
契約はあなたと貸主との合意により成立する。
契約書に記載されている内容を承諾すれば守らないといけない。しっかり内容を確認しよう。
契約書は読み慣れない文面で取っ付きにくいが、不明な点や不利だと感じたら説明を求め納得のいくようにすること。
納得できたら契約書2部に署名・押印して必要費用を払い、契約書1部・部屋のカギ・金銭の領収書・預かり証を受け取り契約は完了する。
□ 契約書で確認する事項
1.家賃
金額、支払い方法、支払日、改定について
2.契約
期間、更新、返還などについて
3.特約事項
退去時に返還される敷金等に関する事項、雨漏り・自然に古くなっている部屋の修理などの現状回復の費用
4.禁止事項
動物の飼育、ピアノなど楽器の演奏など

お引越チェックリスト

契約がすめば引越をして住むだけ。
でも単に荷物を運んで終わりというわけではない。
水道・電気・ガスの開栓手続き、移転届けなど、やっておかないと困ることがたくさんある。
チェックリストを参考に確認しておこう。

□ 一ヵ月前
・旧居の家主への退去通告>>>家主へ
敷金を返してもらう。退去予告の日付はよく確認しておくこと。
□ 2週間前
・公共料金の銀行口座振替停止>>>銀行へ
印鑑・通帳
・電気・ガス・水道会社へ連絡>>>各社営業所へ
電話で引越日を通知
□ 6日前
・住民移動届・住民転出届>>>旧市町村区役所へ
印鑑・国民健康保険証
・印鑑登録>>>旧市町村区役所へ
登録印鑑
・国民健康保険>>>旧市町村区役所へ
印鑑・保険証
・新聞解約・清算>>>契約販売店へ
電話連絡・集金の依頼
□ 5日前
・転校届け>>>転入先の学校長へ
通学中の学校長の在学証明書、移転先の市町村の住民票、転入先の教育委員会の承諾書
・郵便物の転送>>>旧住所の所轄郵便局
郵便局の窓口にある転送届けに記入の上、ポストに投函。新住所に1年間転送してくれる。
□ 4日前
・電話の移転届>>>旧住所の所轄NTTへ
局番なしの「116」に電話連絡
□ 3日前
・水道料金の清算>>>旧住所の所轄水道局へ
電話連絡
・電気・ガスの清算>>>旧住所の所轄営業所へ
電話連絡
□ 引越までに
・引越の手配
引越会社に見積もりをとり、引越依頼をする。自分たちで引っ越しする場合はその準備
・荷造り
引越の日にバタバタしないようにあらかじめすましておく。
・新居のレイアウト
新しい部屋をもう一度下見して柱・コンセントの位置を確認。引越後すぐ家具を配置できるよう見取り図を作る。
・冷蔵庫・洗濯機の水抜き
引越当日にすぐ運べるようにあらかじめ抜いておこう。
□ 引っ越した後に
・新居の点検
水周り、ドアの開閉など気になる点がないかチェック
・ガス・電気・水道の開栓
入居先に置いてある電気・水道の「入居連絡用ハガキ」に必要事項を記入してポストに投函する。
ハガキがない場合は営業所に連絡。また、ガスはガス会社に連絡開栓してもらう。
・住民票の転入届け
市町村役場で手続き。転出証明、印鑑を忘れずに持参
・運転免許の住所変更
新住所の所轄警察署へ
・銀行口座の住所変更
銀行に通帳と印鑑を持参
・クレジットカードの住所変更
カード会社に連絡
・近所への挨拶
相手の迷惑にならない時間を見て早めにあいさつ。留守の人にはポストに挨拶状をいれておく。友人・知人への挨拶状の送付も忘れずに。

お部屋を退去する時は

□ 退去するときは
もし住み替えるなら退去手続きが必要になる。賃貸契約はほとんどが、1〜2年間だが、借主が途中で解約することはもちろん可能だ。
たいてい1カ月前までに解約を申し入れることになっているが、契約によってそうでない場合もあるのでよく見て確認しておこう。
また、このとき申し入れが書面か口頭で行うものかも見ておくこと。
解約手続きが上手くいかないと退去の日が遅れ、新しい部屋と現在の住まいの家賃を二重に払うことになるので、注意しよう。

□ 部屋の明け渡し
部屋の明け渡しは引越が終わった後にするのが良いだろう。荷物を引き上げた後、大家さんの立ち会いのもとで部屋の状況がチェックされ、返金額が決定する。当然多く返金してもらうには部屋をきれいに使うことを心がけよう。返金明細書をもらって確認することも忘れないように。また、明け渡し日にカギ・賃貸解約書も返還しておく。大家さんへの挨拶も忘れずに!

物件検索 | 会社・店舗紹介 | Q&A | 申込書 | プライバシーポリシー | お問い合わせ

Copyright(C)2006-2016 Ogata Ltd. All Rights Reserved.